宝泉古墳

housen_kofun

古(いにしえ)の古墳に歴史を偲ぶ

6世紀中頃の、古墳時代後期のものであると言われています。
墳丘は39m、幅22m、高さ約5m、南側神社向きに開口しています。
横穴式石室2基をもつ古墳で、東側石室は玄室の長さ2.6m、幅2m、高さ2.1m。
発掘時、杯、耳環、刀子などが出土しています。

■基本情報

その他

■地図