香積寺(別名 隻手薬師)

koushakuji (katadeyakushi)

弘法大師(空海)建立の歴史あるお寺

秋には社殿右にそびえるイチョウが美しい

西暦809年に、弘法大師(空海)によって建立されました。
春には桜、秋には社殿右にそびえ立つイチョウがとてもキレイです。
創建当時、手の悪い人が仕事が出来ず、一方の手だけで薬師如来を拝んでいたら、一方の手が治った(片手で拝んでも御利益を頂ける)という言い伝えから、隻手薬師(かたでやくし)と呼ばれるようなりました。
西郷隆盛が鹿児島へ帰還する際、清水寺住職月照上人と会談した場所という史実があります。
毎月十二日が月縁日で、多くの人が訪れます。
現在の香積寺は元禄年間に移転されたもの。旧跡は寺屋跡として地名が残っています。
(伊予十三佛霊場 第七番札所・伊予十二薬師霊場 第六番札所・新四国曼荼羅霊場 第四十六番札所)

■基本情報

場所・住所
〒791-0212
東温市田窪1504
その他

■地図