漣痕化石

renkon_kaseki

東温市が海底だった頃の化石

「漣痕(れんこん)」とは、波の跡の化石のことで、リップルマークとも呼ばれています。
約7,000万年前の化石で、縦約50m、横約20mの岩肌の表面に波の跡を残しており、この地が海底であったことを物語っています。
地殻変動で、海だったところが陸になり、地層が南に50度傾いてこの化石が顔を出しました。

■基本情報

場所・住所
〒791-0201
東温市山之内
電話番号
089-964-0701

■地図